顔汗を止める手術 | 多汗症のETS手術の費用と効果、手術後の後遺症

顔汗を止める手術 | 多汗症のETS手術の費用と効果、手術後の後遺症

顔汗を止める手術 | 多汗症のETS手術の費用と効果、手術後の後遺症

顔汗が止まらない症状、いわゆる「顔面多汗症」の治療方法の一つに「ETS手術」があります。ETS手術は顔汗を止めるのにとても効果がある一方で、手術後の後遺症に悩む人も少なくない方法です。

今回は、多汗症のETS手術の費用と効果、手術後の後遺症等についてまとめます。

ETS手術とは

手足の汗や顔汗を止める手術として知られる「ETS手術(胸腔鏡下交感神経節遮断術)」は、発汗に関わる交感神経の一部を切除する手術です。

手術は全身麻酔をして行われます。脇の下を小さく切開して、そこから胸に向かって細い管を通し、発汗をコントロールする交感神経を内視鏡で確認しながら電気メスを使って切除します。多くの場合、手術自体は30分〜1時間ほどの短時間で終わります。

ETS手術の効果

顔汗を止めるETS手術の効果

胸のあたりで交感神経を切除することで、それより上の部分(首、顔、頭、ワキ、手のひら)からの汗を減少させる効果があります。そのため、手のひらの多汗症(手掌多汗症)や顔面多汗症等の治療のため、ETS手術を受ける人が多くいます。

女性の場合、顔汗を止めることで化粧崩れが起こりにくくなるという効果もあり、快適になったと感じる人も多いようです。

ETS手術後の後遺症

ETS手術後は必ずと言っていいほど「代償性発汗」という後遺症が現れます。これは手術後に顔や手の汗が出なくなった分、別の場所から汗をかいてしまう現象です。代償性発汗が現れやすいのは、背中やお腹、お尻、太ももなどです。症状の現れ方には個人差があり、「服に汗でビショビショになる」「下着をとり換えないといけないほど濡れる」といった後遺症に悩む人もいます。

この後遺症は手術後ほぼ全ての人に現れる現象ですので、このようなリスクがあるということをしっかりと認識した上で、ETS手術を受けるかどうかを判断する必要があります。

また、稀ですが「ホルネル現象」と呼ばれる、まぶたが重くなる後遺症が現れることもあります。近年では減少していますが、手術の際に交感神経に傷がついてしまうことで起こる後遺症です。

ETS手術の費用

顔汗を止めるETS手術の費用

ETS手術は多汗症の治療法として認可されているため、保険適応になっています。医療機関によって費用は変わりますが、通常は日帰り入院で行われ、3割負担でおよそ7万〜12万円程度です。高額療養費制度の対象となる場合があるため、申請をすれば実際の費用はもう少し抑えることもできます。

また、生命保険の手術給付金の対象となっている場合もあります。契約をしている場合には、生命保険会社に問い合わせてみると良いでしょう。

まとめ

今回は、顔汗を止める手術の費用と効果、手術後の後遺症についてご紹介しました。

ETS手術は多汗症の効果的な治療方法ですが、後遺症によって手術をしたことを後悔するケースもあります。一度手術で切断してしまった交感神経は元に戻すことができませんので、医師と相談の上、「本当にETS手術を受けるのが自分にとって最適なのか」「その他の方法では顔汗を止めることはできないのか」等について慎重に検討するようにしましょう。