顔が赤くならない方法 | 緊張すると顔が赤くなる・顔汗が出る時の対策

顔が赤くならない方法 | 緊張すると顔が赤くなる・顔汗が出る時の対策

顔が赤くならない方法 | 緊張すると顔が赤くなる・顔汗が出る時の対策

緊張すると顔が赤くなる・顔汗が出るといった反応は誰にでも起こることですが、体質によってそれが激しい人がいます。また、それを過度に気にしてしまうことで余計に赤くなるという、悪い循環にも陥りがちです。

今回は、顔が赤くならない方法についてまとめます。

赤面症

過度に顔が赤くなることに悩む症状を「赤面症(赤面恐怖症)」といいます。人前に出たり、緊張すると顔が赤くなるといったことのほか、多量の顔汗が出ることもあります。

赤面症は対人恐怖症の一種であり、体質だけでなく精神的な部分が大きく影響してきます。顔が赤くなることを恐れるあまり、他人の視線を極度に意識してしまい、余計に緊張して赤面してしまうという悪循環に陥りがちです。

そうした状態が続くうち、「自分は人前では絶対に顔が赤くなるんだ」と自己暗示にかかってしまい、内向的な性格なってしまう人も多くいます。

顔が赤くならない方法

顔が赤くならない方法と顔汗が出る時の対策

次に、過度に顔が赤くならない方法と、顔汗が出る時の対策について考えてみましょう。

赤面に対する考え方を変える

赤面症の改善に取り組む上で、特に重要になるのが精神面の対策です。その第一歩目として、赤面に対する考え方を変えることから始めてみましょう。

「自分は緊張すると顔が赤くなるんだ」と自己暗示にかかっていると余計に赤くなってしまいます。できるなら開き直り、「顔が赤くなってしまっても構わない」というふうに考えるようにしましょう。

そして「人前で顔が赤くなるのは生理現象で、珍しいことではない」と思うことも大切です。どんなに肝の座った人でも、緊張することはあります。ペラペラと喋っているように見えて、「実は緊張していた」という人もいるのです。

顔が赤くならない方法を考える上では、まずは「顔が赤くなる自分」を受け入れて、あまり否定しないことが大切です。どうしても考え方を変えることが難しいと感じる場合には、医師のカウンセリングを受けるという方法もあります。

緊張するときに顔が赤くならない方法

人目を気にし過ぎない

実際のところ、他人はそれほど誰かの顔が赤くなることを意識してはいません。そのような考え方を持ち、過度に人目を気にしすぎないようにしましょう。

どうしてもそう思えないのであれば、親しい人に赤面症であることを打ち明けてみるのも良いでしょう。自分からカミングアウトしてしまうことで気が楽になることもあるものです。中には「そうなの?気づかなかった」という反応が返ってくる人もいるかもしれません。

顔汗用の制汗剤

顔汗が出る症状も、精神的な緊張が原因の精神性発汗であれば、気の持ちようで改善されることがあります。まずは「あまり気にしない」ということが大事です。

それでも顔汗が出るという場合の対策としては、顔専用の制汗クリームを使うという方法があります。朝、家を出る前や、緊張するシーンの前等に顔汗専用の制汗クリームを塗ることで、汗を抑える効果が期待できます。

また、制汗剤を使用しておくことで、顔汗に対する精神的な安心感を得られることもメリットの一つです。

ETS手術

多汗症の治療に用いられるETS手術(胸腔鏡下交感神経遮断術)によって、赤面症の改善が見られるケースがあります。

ただし、手の汗などに比べて赤面症や顔汗の改善率は低く、代償性発汗という副作用が伴うことから、医師とよく相談した上で慎重に判断する必要があります。

まとめ

今回は、緊張すると顔が赤くなる・顔汗が出る時の対策についてご紹介しました。

赤面症や顔汗は、精神的な影響が現れやすいものです。顔が赤くならない方法を考える上では、顔が赤くなる自分を否定せず、あまり気に市過ぎないことが大切になります。

生活に支障をきたすような重い症状の場合には、早めに専門医に相談してカウンセリング等適切な対策を受けるようにしましょう。