夏のメイク崩れ防止! 顔汗で崩れないファンデーション・下地の塗り方

夏のメイク崩れ防止! 顔汗で崩れないファンデーション・下地の塗り方

夏のメイク崩れ防止! 顔汗で崩れないファンデーション・下地の塗り方

拭いても拭いても噴き出してくる「顔汗」。夏場は顔汗でメイク崩れが起きてしまうのが、女性の悩みですよね。

今回は、夏のメイク崩れ防止におススメの、顔汗で崩れないファンデーション・下地の塗り方についてまとめます。

夏のメイク崩れ対策

夏になると、家を一歩出た瞬間からジリジリと照りつける太陽で一気に顔汗が噴き出てしまいますよね。いくら日傘をさしても湿度の高い熱気やムシムシとする電車のおかげで、目的地に着く頃にはすでにメイク崩れが起きてしまっている…なんていう悩みを持っている人も少なくないはず。

せっかく塗ったファンデーションもチークも取れてしまい、マスカラも汗でにじんでパンダ目になってしまったり…。夏のメイクは悩みだらけです。

そんなメイク崩れを防ぐためにおススメなのが、下地やファンデーションの選び方・塗り方を工夫することです。

崩れないファンデーションの塗り方・選び方

夏の顔汗で崩れないファンデーションの塗り方

まずはメイクが崩れないファンデーションの選び方を覚えましょう。

実は「メイク崩れしにくい」ということも重要ですが、「崩れても目立ちにくい」というポイントを押さえることも、とても大事です。各メーカーからは夏・冬それぞれ特徴的なファンデーションが発売されています。最低限、夏と冬とで使うファンデーションを分けるのは顔汗対策の基本です。

そして薄づきのもの、油分の少ないものがメイク崩れ防止には適しています。リキッドファンデーションかパウダーファンデーションかは好みで良いですが、リキッドならサラリとしたタイプのもの、パウダーなら粒子が細かくふんわりと乗せられるタイプがベターです。

また、塗り方にもポイントがあります。汗をかきやすい鼻筋やおでこは特に薄く伸ばすことが重要です。この部分は毛穴が目立つ場所でもあるので、ついつい毛穴を隠そうとして塗りこむように重ねてしまいがちですが、顔汗で崩れてドロドロになるのでやめましょう。

メイク崩れを防止する下地の塗り方

下地もファンデーションと同様にあまり厚く塗らないのがポイントです。ただし、UVカットはしっかりと適量を塗らないと効果がないので、理想としては下地とUVカットは別々に用意するのが良いでしょう。

最近では皮脂・汗に崩れにくいことを売りにした下地もあります。下地として使用できる顔汗用の制汗剤も販売されているため、そうしたものを取り入れるのも良いでしょう。

夏のメイク崩れ防止する下地の塗り方

メイク直しの際にも同様で、崩れた部分を拭き取ってからメイク崩れに強い下地、さらにUVカットクリーム、最後にファンデーションを塗ります。

忙しい朝にそこまでメイクに時間をかけられない!という場合は、メイク崩れに強いタイプの下地の後に、BBクリーム(下地・UVカット・ファンデーションが1つになったもの)を使うというのも手です。夏の顔汗対策もしっかりとしながら時短もできてしまいます。

その他のメイク崩れ防止

その他のメイク崩れの防止法として、「潜水法メイク」や「お粉お化け」等も有名です。

顔汗で化粧崩れしない方法 | 「潜水法メイク」と「お粉お化け」
顔汗で化粧崩れしない方法 | 「潜水法メイク」と「お粉お化け」 顔汗によって化粧崩れをしてしまう人に話題なのが、「潜水法メイク...

まとめ

今回は、顔汗で崩れないファンデーション・下地の塗り方についてご紹介しました。

暑い夏は顔汗も多くなり、メイク崩れに悩まされがちです。皮脂や汗に強いタイプの化粧品や顔汗用の制汗剤などを上手く取り入れながら、効果的に対策をとるようにしていきましょう。