夏場の汗を抑える方法 | 脇や背中、顔の汗が止まらない時の制汗剤

夏場の汗を抑える方法 | 脇や背中、顔の汗が止まらない時の制汗剤

夏場の汗を抑える方法 | 脇や背中、顔の汗が止まらない時の制汗剤

暑い夏場は、多く人が不快な汗に悩まされます。脇や背中、顔の汗が止まらないと、服に汗地味ができたり、メイク崩れを起こしたりして恥ずかしい思いをすることもあります。

今回は、そんな暑い夏場の汗を抑える方法や制汗剤についてまとめます。

脇や背中の汗が止まらない時の対策

夏はちょっと動いただけでも脇や背中から汗が大量に出て汗が止まらない、すぐに服にシミを作ってしまうほどだという人も多くいます。

これは自然な発汗現象なので仕方のないことなのですが、お出かけの時や仕事で大事な会議がある時などはちょっと困ってしまいますね。

そんな時に使える体の汗を抑える方法には、下記のようなものがあります。

夏場の脇や背中の汗を抑える方法

首に冷たいタオルを巻く

近頃では首に巻く冷感タオル、冷感ストールなどが売られています。巻くとひんやりして体感温度が下がり、汗がスーッと引く感じがしてきます。

クールコアタオル ブルー

新品価格
¥1,265から
(2017/8/7 23:26時点)

冷感スプレーを使う

薬局やドラッグストアーなどでは衣類に吹きかけるタイプの冷感スプレーが販売されています。これらを下着や襟元に使っておくことで、汗をかいた時に体をひんやりさせる効果があります。背中や首もとなどに使うと効果的です。

ときわ商会 ひんやりシャツシャワー 500ml

新品価格
¥1,200から
(2017/8/3 23:11時点)

肌着を着る

汗が止まらないという時は、肌着を着ることで汗を肌着に吸い取らせて、衣類に汗染みをつけることを防ぐことができます。吸水性がよく、サラサラとしたタイプのものが良いでしょう。

最近では着るだけで冷感効果のある繊維の肌着も売られています。暑いからといって、ワイシャツを肌の上に直接着てしまうと、汗をたくさんかいた時に目立ってしまいます。

制汗剤を使う

市販のボディ用制汗剤を使うというのも、脇や背中の汗を抑える方法として有効な手段です。

スプレータイプ、ジェルタイプ、固形タイプ、クリームタイプなど様々なものがありますが、ジェルやクリームなどのタイプが皮膚に密着して汗をしっかり抑えてくれるためおすすめです。

顔の汗が止まらない時の対策

夏場の顔の汗が止まらない時の制汗剤

夏の暑い日に外で動くと顔の汗が止まらなくなり、目的地に着く頃には顔中汗だく…。そんな経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

不快な夏場の顔汗を抑える方法には、下記のようなものがあります。

顔汗対策用の制汗剤を使う

最も手軽な対策は、顔用の制汗剤を使うことです。お出かけする前に顔用の制汗剤を塗って、女性ならその上からメイクをして出かけるだけでいいのです。外出先で気になった時にも重ね付けできるよう、メイクの上からもOKなタイプを選ぶと良いでしょう。

くれぐれも、ボディ用の制汗剤を顔に塗るのはNGです。ボディ用の制汗剤は顔に塗ることを前提に作られていませんので、肌の赤みやかゆみの原因となる可能性があります。

顔汗用の制汗剤 おすすめランキング
拭いても拭いても噴き出してくる不快な「顔の汗」。顔汗が止まらないと人前で恥ずかしい思いをしたり、化粧が崩れてしまったりと、生活の...

首元を冷やす

例えば保冷剤をハンカチなどに包んで持ち歩いて、暑いなと思ったら首元に当ててみると、首から上の部分の汗を多少抑えることができます。首元がひんやりすると暑さもやわらぎますし、熱中症対策にもいいでしょう。

しかし、汗を直接的に抑える効果はありませんので、あくまで暑さ対策と、顔汗対策の補助的な役割にするといいでしょう。

まとめ

今回は、脇や背中、顔の汗を抑える方法についてご紹介しました。

特に汗かき体質の人は暑い夏場は汗が止まらないため、生活の様々な場面で支障をきたします。制汗剤や冷感グッズを使用するなど、手軽な対策から取り入れていくようにしましょう。