ご飯を食べると汗が出る… | 食事中や食後の発汗の原因と対策

ご飯を食べると汗が出る… | 食事中や食後の発汗の原因と対策

ご飯を食べると汗が出る… | 食事中や食後の発汗の原因と対策

ご飯を食べると汗が出るという現象は誰にでも起こることですが、あまりに量が多いと深刻な悩みになってしまうこともあります。

今回は、食事中や食後の発汗の原因と対策についてまとめます。

味覚性発汗

食事中や食後に汗をかくのは「未覚醒発汗(みかくせいはっかん)」という生理現象です。これは、辛い物や酸っぱいもの等を食べた時に起こる発汗で、誰にでも起こるものです。

人によっては、刺激の強い食べ物だけでなく甘いものを食べると汗が出るという人もいます。汗をかく場所は顔や頭部が多く、鼻の頭やおでこ、頭などから汗をかきます。

味覚性多汗症

食事中や食後に汗が出る原因となる病気

食事中や食後の汗の量が異常に多い、何を食べても汗をかいてしまうというような場合には「味覚性多汗症(みかくせいたかんしょう)」という病気の可能性があります。

味覚性多汗症では、辛い物や酸っぱいものなどを食べた場合に汗が大量に出て止まらない状態になってしまいます。そのことが原因で他人との食事を避けるようになってしまったり、食事そのものが苦痛になってしまうケースもあります。

原因は未だ明確にされていませんが、多くの場合、「精神性発汗」が一因となっていると考えられています。精神性発汗とは不安や緊張によって汗をかく現象のことです。食事中に汗が止まらないことによる焦りがさらなる精神的ストレスを招き、余計に多く汗が出る悪循環に陥ってしまうことがあります。

他の病気が隠れている場合も

以前に比べて明らかに汗をかきやすくなったという場合は、他の病気が隠れている可能性もあるため、念のため病院を受診すると良いでしょう。

例えば、糖尿病による神経障害(糖尿病性神経障害)が原因で、食事中や食後に汗をかく症状が現れる場合があります。

食事の際の汗対策

食事中や食後に汗が出る時の対策

食事の際に異常に多く汗が出る場合の対策として、下記のようなものがあげられます。

刺激物を避ける

最も簡単な方法は、辛い物や酸っぱいものなど刺激物を避けることです。特に、他人と一緒に食事をする際には汗をかきやすいメニューは避けるようにすると良いでしょう。

反対に、普段から辛い物を食べていると段々とそれに慣れていくという面もあります。家ではあえて辛い物を積極的に食べるようにして、慣れておくというのも方法です。

精神性発汗を抑える

ご飯を食べると汗が出るという悩みを抱えている人は、精神性発汗が汗を増やす原因となっていることがあります。過去の経験から、「汗が止まらなくなったらどうしよう…」「指摘されて恥ずかしい思いをしたらどうしよう…」といった予期不安が起こり、それが原因となって余計に汗が止まらなくなってしまうのです。

精神性発汗の対策は「汗を気にしない」ことが一番ですが、それが難しい場合もあります。必要に応じて精神科や心療内科で相談し、カウンセリング等の治療を受けるようにすると良いでしょう。

顔汗用の制汗剤を使う

手軽な対策として、顔汗用の制汗剤を使用する方法もあります。メイクの上から使用できるものもありますので、顔汗が多い人はいざという時に備えて持っておくと安心です。

顔汗用の制汗剤 おすすめランキング
拭いても拭いても噴き出してくる不快な「顔の汗」。顔汗が止まらないと人前で恥ずかしい思いをしたり、化粧が崩れてしまったりと、生活の...

まとめ

今回は、食事中や食後の発汗の原因と対策についてご紹介しました。

ご飯を食べると汗が出るというのは自然なことですが、あまり量が多いと深刻な悩みとなることがあります。外出中は辛いものや酸っぱい食べ物を避ける、制汗剤を使う等の他、異常に汗が多い場合には医師に相談するなどして適切な対策をとるようにしましょう。